KTSがお届けするのは、空気のような自然なストレスのないシステム環境です。

INTERVIEWストレージエンジニア

→ ストレージエンジニア : → サーバエンジニア : → ネットワークエンジニア

東日本技術本部 第二技術部 副部長 大堀 大樹

深く、広く、自分を高められる環境。そこに楽しさがある

REASON   前職の内容と入社理由を教えてください

お客様先に常駐し、Solarisの構築や、Solaris上に導入していたバックアップソフトウェアのエンジニアをしておりました。当時は残業時間も非常に多く、勤務環境としては厳しい状況でした。そんな折、あるプロジェクトで一緒に仕事をしたKTSの方が、私のスキルを高く評価し、KTSで一緒に働かないかと声を掛けて頂いたことがきっかけで、2004年5月に中途入社しました。

WORKS   入社してからの仕事内容を教えてください

入社時は、まだ当時はマイナーなアプライアンス製品であったNetApp Filer(後のFASシリーズ)の提案支援・設計・構築・保守・運用支援と、製品に関する業務のかなりの部分を任されていたので、スケジュール管理が難しかったですね。ただ、お客様も大らかな時代でしたので、色々助けられながらも業務を進めることができ、着実にスキルと経験を積むことができました。

今では、NetApp社製品は、KTSの中でも主力製品にまで成長することができました。一から携わった身としては、非常に感慨深いものがあります。

現在は副部長として「オープン系プライマリストレージ製品」の構築業務を管理する立場になっておりますが、エンジニアとしてもメンバーをフォローすべく、常に対応しています。直近では、新規取り扱い製品の検証とドキュメント作成を行い、メンバーの育成も進めております。

また、NetApp社製品は継続して多くの注文を頂いており、マネージャーとして案件管理、コストコントロール、見積、メンバー育成と、日々多忙ではありますが、私たちKTSエンジニアの価値をお客様に認めて頂くことにつながる業務でもあるため、非常にやりがいを感じます。

MESSAGE   これからKTSに入社される方へ

技術サービス業務には特有の厳しい面もありますが、その分社員の結束力は固く問題解決に向けての協力体制の強さは、他社ではなかなか見られないと思います。
KTSには、技術習得を含め様々な経験をするチャンスがいくらでもあります。
深くも広くも自分を高められ、楽しみも多い職場ですね。