KTSがお届けするのは、空気のような自然なストレスのないシステム環境です。

INTERVIEW[サーバエンジニア]

→ ストレージエンジニア : → サーバエンジニア : → ネットワークエンジニア

東日本技術本部 第一技術部 第二課  斎藤隆之

“価値” を “カタチ” に変える。
ニーズを見つけ、お客様に満足を提供すること。

REASON   前職の内容と入社理由を教えてください

前職では、大手ゼネコンのホスト運用業務やインフラ運用管理を主に担当していました。
 特にインフラ運用ではシステム更改時のリプレイス作業、災害対策バックアップなどの運用に携わり、お客様のニーズに合わせた対応や各部署との連携を行うことが多く、その面ではやりがいも感じていたのですが、サーバ設計や構築、インフラ運用の方により興味を惹かれ、様々な企業のインフラ基盤構築に携わってみたいと考えたため、転職活動を始めました。
 そんな中、今まで培って来た知識やスキルを活かせること、設計・構築案件に関われることに魅力を感じ、KTSへの入社を希望しました。

WORKS   入社してからの仕事内容を教えてください

当初は金融業・製造業のお客様向けに物理サーバのエージングやOS構築作業などを主に行っていました。
 その他にも、移設作業やクライアント端末の展開など、お客様のニーズにあったサービスを提供するため、グループ会社であるKEL(兼松エレクトロニクス)の担当営業と連携して案件にあたることもありました。

現在は本格的に設計構築を専門とする部署へと異動し、VMwareを使用した仮想基盤やセキュリティ対応等のプロジェクトに携わっています。
 エージング以外にも、詳細設計やインフラ運用に関わるドキュメント作成など、先輩方の説明の仕方を参考にしたり、アドバイスを頂きながら、日々勉強の毎日です。
 時には苦労することもありますが、すべては自身のスキルアップに繋がっていると実感しています。

 KTSに入社してまだ数年ですが、いずれはプロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダーとして、大規模な案件にも携わってみたいと考えており、そのためにはITの知識や技術を高め、ネットワークチーム、ストレージチームとも連携して案件にあたれるよう、コミュニケーション能力も更に身に付けていく必要があると感じています。

MESSAGE   KTSへの応募を検討されている方へ

私たちの仕事は、お客様のニーズを見つけ出し、IT技術を駆使して、満足のいくシステム ー言い方を変えれば“価値のあるシステム”を提供していくことだと考えています。

 “価値” を “カタチ” に変える。

 それを実現するためには、私たちが一丸となって取り組むことはもちろん、お客様とも一体となって作り上げていくことが重要だと感じています。その意味でも、お客様、他部署との連携、KEL営業やメーカーとのやり取りなど、すべてにおいてコミュニケーションがベースとなる側面もありますので、その分、人との繋がりが感じられるところもKTSの魅力のひとつだと思います。