KTSがお届けするのは、空気のような自然なストレスのないシステム環境です。

CSRの取組み

CSR(Corporate Social Responsibility)は、「企業の社会的責任」と訳されていますが、その内容や範囲は時代とともに移り変わってきています。当社グループは、コンプライアンスや情報セキュリティをはじめ、環境問題への対応など広範囲に及ぶ社会的責任ある行動を通じ、社会からの信頼を得ていく所存です。

コンプライアンスの重視

KELグループは、グループ内に勤務する役員や従業員、嘱託、派遣社員など従業者一人ひとりが企業人であることを自覚し、企業活動を行うにあたり、全ての法令や社内規則、更に社会規範、倫理を忠実に熱意をもって実践します。 コンプライアンス活動は、対外的には「統制状態の見える化と説明責任の履行」、対内的には「リスクファクターの予防処置と早期発見・早期治療」、共通の基盤として従業者一人ひとりの安心と幸福を追求していきます。

企業理念

    • 【お客様第一主義】
      • KELグループは、お客様へ真の満足を提供し、お客様の深い信頼を確立することを企業活動の原点とします。
    • 【新しい価値の創造】
      • KELグループは、IT基盤に時代を先取りする創造的で活力にあふれる企業活動を通じて、新しい価値の創造を追求し、社会、株主、お客様の発展に寄与します。
    • 【社会的責任の自覚と法令の遵守】
      • KELグループは、グループ内に勤務する従業者一人ひとりが企業人であり、社会人であることを自覚します。企業活動を行うにあたり、全ての法令や社内規則およびその精神を遵守し、各々に課された責任を誠実に果たしていきます。
    • 【KELグループの存続基盤】
      • KELグループは、公正で健全な企業活動を通じて、社会、株主、お客様との調和に配慮することが企業存続の基盤であることを理解し、その実現に向け、たゆまぬ努力を重ねます。

      ISOへの取組み

          • 【情報セキュリティへの取組み】
            • KELグループは、情報セキュリティマネジメントシステムの効果的な運用または継続的な改善を行うため、情報セキュリティ体制を確立しています。
          • 【特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針】
            • 当社は、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(「マイナンバー法」)に基づく特定個人情報及び個人番号(「特定個人情報等」)の適正な取扱いの確保について組織として取り組むため本基本方針を定めます。
            • 特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針pdfのダウンロード

       

 



page top